非鉄金属の加工エキスパート 銅・真鍮・アルミの鍛造品、切削加工、パイプ曲げ、ろう付け加工を組み合わせた高品質、高付加価値の製品をご提案します

お問合わせは 大阪営業部(06)6961-6043 メールでのお問合わせ
鍛  造

鍛造(Forging)とは、金属に圧力を加え変形させることにより、目的の形状に鍛えて造る加工方法で、弊社では非鉄金属の熱間鍛造を得意としており、加熱された材料を金型に入れフォージングプレス機で加圧し 製品を成型します。成型後の製品はバリ(Burr)と呼ばれる金型の合わせ目に余肉が生じる為、2次工程でaffordable papersトリミングプレスや、ショットブラストなどを使い、製品の仕上げ処理を行っています。

切削加工

鍛造品や、棒材(バー材)、板材などから、目的の寸法形状精度に仕上げるため、多種多様な機械加工を行っております。

主には 旋盤、マシニング、タッピングなどの工具(刃具)を使った機械加工で高能率でクオリティーの高い加工製品を生み出しています。

信頼性の高い製品のうらには、これまで培ってきた 加工ノウハウ、工具や加工治具の自社設計の技術が生かされています。

ベンダー加工

空調、給湯関連を中心に真鍮製や銅製のパイプを曲げたり拡管させる加工を行っております。

熱交換機の配管ユニットなど、社内で生産する必要な数量を組立ラインに投入させることで、短納期でコスト競争力のある製品をお届けすることが可能です。

ろう付け加工

ろう付け(Brazing)とは金属材料の接合加工の一種で、素材同士の隙間に溶けた『ろう材』を流し込ませ、高い接合強度と密着性を得るために行う加工です。

ろう材が母材金属の融点より低い温度で加工でき製品への影響も少ない為、精密な製品や大量生産も可能であり、自動車、航空、電気、機械など幅広く用いられています。

弊社では、熟練技術者による手ろう付けから、内製の専用設備による自動化生産まで対応可能です。

組立・検査

各種バルブや圧力弁の製品は、自社内でリークテストの検査や耐久試験を行い、すべての製品で安全性と高い信頼性をお届け出来るよう、高品質、高性能を追い続けております。

PAGE TOP